人・仕事を知るHUMAN and WORK

積算の知識と現場での経験を生かして、お客様にアドバイス

積算の知識と現場での経験を生かして、お客様にアドバイス

積算購買部

杉本組を選んだ理由・会社の魅力

「地図に載る建物」を作りたい

デスクワーク中心の設計事務所よりも、現場に多く関われる建設会社を希望しました。その中でも杉本組を選んだのは、大手よりも中堅の方がひとつの歯車にならなくていいのではないかと思ったからです。

初めから終わりまで、ひとつの現場をひとりで携わり、「地図に載る建物」を作りたいという思いで入社しました。自分のやりたいことが実行できる。これが弊社の魅力です。

仕事の内容・やりがい

コストパフォーマンスに優れた建物を提供すること

初めは現場監督として現場に携わり、今は積算業務という仕事をしています。簡単に言えば、金額を計算して、お客様に提出するという見積もり作業です。

1案件につき、かかる期間は2週間から1ヵ月。工務、積算、設計、渉外部と協力し、部署を越えたひとつのチームとして動いています。具体的には、3Dソフトを使って図面を見ながら数量を確定して見積もりを出したり、建物を文章と数値であらわしたりという作業になります。正しい材料や作り方を提案し、コストパフォーマンスに優れた建物を提供することが積算部の大切な役割です。

知識や経験を必要とするので、最低10年は現場を知っていないとできない作業ですね。今後は、ソフトを使って、初心者でもできる見積もり作成を構築していく予定です。常に他社との競争を意識していますが、受注に至った時はうれしい瞬間。苦労が報われますね。

メッセージ

なんのために仕事をするのか

家を持ちたい人に、金額や仕様の面から丁寧なアドバイスをしていきたいです。若い人が家を建てたいとなった場合、何を基準に選べばいいのか分からないことだらけだと思います。住宅メーカーに頼み、言われるがままの金額を支払うというケースも多いでしょう。積算ができ、現場をよく知っている人材が少ないんですね。こうした状況の中、自分の経験と知識を生かして、お客様をサポートしていきたいです。そのためには、勉強することがまだいっぱいありますね。

なんのために仕事をするのか、仕事を通していかに社会貢献していくのかを考えてみてください。しっかりと自分を持ち続け、選んだ仕事を好きになってほしいです。知らないことは調べる、そして聞く。この姿勢が大切です。

このページのトップへ

COPYRIGHT(C) SUGIMOTOGUMI.ALL RIGHT RESERVED