人・仕事を知るHUMAN and WORK

人間力をフル活用して、勝ち得る信頼

人間力をフル活用して、勝ち得る信頼

不動産部

杉本組を選んだ理由・会社の魅力

お客様の思いを大切にできる会社

不動産売買の仲介は「売る」「買う」という業務が中心ですが、単にそれだけに終わらず、もっと幅広いニーズに対応できる仕事を探していました。そのためには、管理のスキルや知識が必要だと思い、杉本組への入社を希望しました。

弊社は知名度が高く、基盤がしっかりしているので、既存のお客様が多くいらっしゃいます。そのため、無理なご提案をする必要がなく、お客様の思いを大切にできる会社だと思います。

仕事の内容・やりがい

不動産の専門家としての誇り

不動産部では、大きく分けて2つの仕事を行っています。まずひとつは、自社物件の管理です。マンション等の入居者様の対応、家賃の回収などがこれにあたります。もうひとつは、建築用地の仲介です。情報収集、調査、地権者様との条件交渉などを行い、売買のお世話をする仕事です。

管理では、入居者様・オーナー様・ご来店いただいた方、それぞれに対応をしていかねばなりませんので、決まったスケジュール通りに動くのではなく、急に仕事が飛び込んでくることがほとんどです。さまざまな対応をするために、横断的な知識も必要とされます。それを補充するために、常に勉強することを意識しているわけですが、その積み重ねが結果として出た時、達成感を強く感じます。

仲介では、自分が得た情報の中から選別し、調査からご契約に至るまでの全てを担当しています。正論がまかり通らないことや、問題点がはっきりとしていない案件などが多々あります。複雑な案件をまとめるためには、交渉力、調整力、知識、人間性全てが問われます。

私たちは、工業製品のような形が見える商品を売っているのではありません。同じ物件を扱っても、人によって差が大きく出るのがこの仕事です。不動産は「馬7割、騎手3割」と言われています。これは、物件の力が7割、仲介者の力が3割という意味です。その3割の部分をどう活かすかが、私たちの仕事の頑張りどころです。それぞれの立場になり、気持ちを汲み取って、いかに調整をはかっていくかが大切です。それを可能とするために、幅広く、深い知識を持ち、人間力を高めていきたいと思います。

メッセージ

杉本組様だからこその信頼と実績の証

お客様と接点を持つことが多い業務です。不動産仲介だけでなく、接客の経験がある方には順応しやすい仕事なのではないでしょうか。

また、杉本組の「宅建業免許番号13」という数字は、他ではなかなか見ることができない最長クラス。これは、5年周期の免許更新を13回更新しているということ。信頼と実績の証でもあります。こうした基盤が整っているので、お客様に受け入れられやすい環境で働けます。

不動産部で働く社員は、年長者でも40代。若い社員が多いので、気を使わない環境を求めている方にとって働きやすい職場ですよ。

このページのトップへ

COPYRIGHT(C) SUGIMOTOGUMI.ALL RIGHT RESERVED