現場NOW

★建物新築工事奮闘記★

2014.08.01

(仮称)広見町ビル新築工事 奮闘記

こんにちは。
杉本組 工務部の中嶋貴久です。

私が担当させて頂いたのは、鉄筋コンクリート造8階建ての共同住宅です。

これは基礎の鉄筋を組み立てている状況です。
建物を支える重要な基礎工事です。鉄筋の間隔に気を配りながら作業を進めていきます。

建物の地上部分の作業に移りました。
型枠というコンクリートを流し込む枠を組み立てて、その中に基礎と同じ様に鉄筋を組み立てていきます。
躯体工事は建物の骨格になる部分です。しっかりした建物になるかはここで決まります。

型枠と鉄筋工事が完了したらいよいよコンクリート打設工事です。
型枠の中に作業車から送り込まれたコンクリートを流し込んでいきます。コンクリート中の空気を外へ出し、密な状態にするため、振動機器を使用しながら作業員全員で息を合わせて作業を進めていきます。
失敗が許されない作業のため、コンクリート打設の日は緊張感があります。

躯体工事の次は内装工事に移ります。
部屋を区切る、耐火間仕切りを組み立てています。
壁の内部に遮音材、表面の壁材は耐火性能があるボードを貼っていきます。
指定された材料で適切な施工方法であるかを確認しながら工事を進めていきます。

工事も終盤になり仕上げ工事へと進んできました。
写真は部屋の床材を貼っている状況です。一枚一枚、キズを付けないように気をつけながら作業していきます。
ここまでくると現場もあと一息です。

現場監督は自分の仕事が形となって残る、大変やりがいのある仕事です。日々勉強の毎日ですが、苦労した分だけ完成した時の喜びは大きいものになります。

杉本組 工務部 中嶋貴久(30)
趣味:自転車

お問い合わせはこちら 建物の新築をご検討のお客様、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル:0120-922-990

メールでのお問い合わせはこちら

カレンダー

«    2019年04月   
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

現場担当者

杉本組スタッフ

新築のご相談承ります。